OpenDolphin Ver 6

ちょっと手が空いたので、OpenDolphin-2.7m を JakartaEE 9.1, java17 環境に移行した。

軽くまとめ。

主な変更点

主な変更点は二つ。

・画像の取り扱いの変更

・ウェブレイヤーの追加

まず、画像に関して。

これまで、画像の取り扱いが jpeg に限定されていたのだが、この制約を取り払った。

ただし、従来のデータベースとの互換性を保つため、jpegByte あたりのコードには直接変更を加えず、新規に画像保管用のカラムを加えた。

これまで、データ構造は LSC 時代の 2.7 と全く同一にしていたのだが、この変更でこの原則は崩れた。

ただし、API にはある種の追加はしたが、これまでのものを削除することはしなかったので、以前のバージョンのデスクトップアプリを使えば、使用感は変わらないと思う。

一種の上位互換。

API の追加は、まだ進行中。煮詰まってない。

画像のフォーマットは山ほどある。どこまでサポートするかは現時点では決められない。

次に、ウェブレイヤーの追加に関して。

以前から、「クライアントは Java デスクトップアプリである必要はない」ということは言われていたのだが、ではどう構成するのか?という具体的な議論はなかった。

個人的には、3層クラサバ化がいいのではないかと思っていたので、今回、OpenDolphin HTML・PDF Viewer をウェブサーバー化して、フロントエンドサーバーとした。

諸々の機能は実装中。

サーバーサイド

フロントエンドサーバーを加えたので、単に「サーバー」と言った場合、従来のサーバーと混同してしまう。

そこで、従来のサーバーを BackendServer と名称変更した。

クライアントサイド

前述のように、クライアントは従来のデスクトップアプリと新規に作成したフロントエンドサーバー(ブラウザタイプ)に別れた。

デスクトップアプリ

今回のアップデートが最後でしょうか。

フロントエンドサーバー(ブラウザ)

以前に dolphorca と呼んでいたものがこれにあたる。

名称

これまでにも、ノーマル 2.7-m ベースのいくつかのカスタマイズバージョンがあった。

例えば、以前に書いたように(『聴診音クラファンからの・・・OpenDolphin』など参照)、研究支援用のプロトタイプバージョンなど。

ところで OpenDolphin のアプリケーションサーバーといえば、WildFly がデフォルトである。
が、若干修正することで GlassFish でもデプロイ程度はできる(正常動作はしないが)。
こういったバージョンも存在した。

このように非公開のいくつかのバージョンがあって、バージョン番号はいささか混乱していた。

そういった経緯で今回移行したプロジェクト群を総称して(数字的には 2.7 から一気に飛ぶが) Ver 6 とした。

 

 

クリックclose

“OpenDolphin Ver 6” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です