WebDolphORCA

WebDolphORCA

Inspired by OpenDolphin and ORCA


はじめに

現在(2022)、医療用ソフトでオープンソース開発方式を採用するのは下火になった感はありますが、これまでのプロジェクトを無駄にするのは惜しい気がします。そこで

電子カルテの OpenDolphin (商用開発元は メドレー)

レセコン ORCA (開発元は ORCAMO)

を再利用して電子カルテ (+レセコン支援機能)の作成を目指すこととしました。

OpenDolphin + ORCADolphORCA です。

特徴

OpenDolphin のクライアントの設計は少々時代遅れになった感じはありますが、サーバの方の出来(特に REST API の出来)は、(作成された時代を考えれば)かなり良いと思います。

従来のデスクトップアプリをクライアントに使うのではなく、クライアントはブラウザとします。

ただし、サーバの方に手を入れてウェブ化をはかるのではなく、サーバはなるべくそのままにして、ウェブレイヤーを被せる、という設計方針を取っています。

図示するとこんな感じでしょうか。

 

このフロントエンドサーバを「DolphORCA」と呼んでいて、ある程度、使い物になるようにするのが最初の目標です。

三層クラサバ構成を取ることのメリットはけっこうあります。
その一つはサキュリティの確保でしょうか。

・従来のクラサバ構成では API が外部開放されているため、不特定多数からの攻撃を受けてしまう。が、API をフロントエンドサーバにのみ開放しておけば、少なくとも本体が攻撃を受けることはなくなる。

まあ、情報の流れをコントロールするのが面倒にはなるんですが。

他には

従来のドルフィンの 1.3.6.1.4.1.9414.* という医療機関IDの命名制約をはずせる(この制約はクライアント由来でサーバにはこんな制限はありません。ログインの試行回数の5回制限もサーバではなく、クライアントによるものです)

・クライアントに使われていた oracle のコードを使う必要がなくなる
(OpenDolphin 自体のライセンスは曖昧になってますが、クライアントさえなければ GPL にしてソースを公開しようが、クローズドで開発しようがどちらでもよくなります。なお、これまで OpenDolphin は「◯△のコードが含まれており、著作権は ◯△ が有しております」的なことが主張されていましたが、これは「その時点ではそうだった」という話のようです。現在は著作権・商標権もろもろをメドレーが完全に保有しており、制約はあるものの2次的な利用も原則許可されています。メドレー担当者の方、ありがとう)

などがあるでしょうか。

 

ある程度完成したら phazor.jp に設置予定。

作業状況

2022/07/24 エディタを改良。

2022/07/15 ログイン認証、UIなどある程度固める。