OpenDolphin は『真正性』すら満たしていないかもしれない

以前にもサーバの API を通して偽造カルテをデータベースに入れ込む、みたいなことをやったのだが、

今度はもうちょっと巧妙なカルテの改竄(対策)を考えてみる。

OpenDolphin では、hibernate というORMを使って、「カルテを修正したときは、元のバージョンは消去せず、必ず新しいバージョンを作る」ということで改竄を防止している。
なのだが、これは「データベースにアクセスするときは hibernate を使う」というのが大前提になっている。
実際のカルテ実体のデータは、データベースの blob 領域というところに保存されている。当たり前だが blob オブジェクトには hibernate を使わずともアクセスできる

最も単純な例を考えてみよう。
id=11 のレコードに blob で test と書き込む。

ところが、このときの oid(lob への一種のポインタみたいなものです)は、データベースに直接問い合わせることで知ることができる。

このときは 47410。

この値を使って、blob を書き換えることは可能だ。
‘test’ は16進数表記だと 0x74657374 になるのだが、これを 0x74747474 に変更する。
hibernate を使って id=11 のレコードを再度復元すると該当する blob は ‘tttt’ (0x74747474)となっている。

実際は、blob を書き換えた時に oid も変更されてしまうので(47410 → 47412 に変化している)、よくできた管理者であれば、この異常に気がつくと思うが、そうでない人ならば、改竄されたところで気がつきもしないだろう。

OpenDolphin はソースコードが公開された時点では「データ構造が複雑なので、真正性は担保されている」みたいなことが言われていたが、データ構造が複雑だからといって、それは解読不能ということでも、想定していた方法以外での操作が不可能ということでもない。

思うのだが、データベースなどの何らかのストレージに医療記録を平文で「普通」に記録する方式はもうそろそろ限界なのかもしれない。

かといって、ブロックチェーンみたいな話をいきなりされてもなあ。。。という感じで、ここら辺は難しいところですね。


ところで先ほど openEHR というオープンソースの EHR のサイトを覗いてきたが、ここら辺は配慮がされているようで、記録は persistence layer という一種の抽象化されたレイヤーを通して行うようだ。
要するに永続化の手段まで具体的に決めてしまうと、そのセキュリティホールを突いて記録を改竄する輩が出てくるため、特定のストレージに限定しないということなのだろう。

ところで、openEHR はけっこう間違った情報が流れているみたいですね。よく PHP で書かれて、みたいな紹介のされ方しているが、普通に Java コードも確認できたけど?

 

猪股弘明

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。